脱毛したわたしのunagige

とりあえず、幼い頃からのコンプレックスのひとつが、むだ毛が濃いこと。。。

三十路を超えた現在でも、まだまだ元気に生えてくる、腕や脚のむだ毛。。。そんななか、自分ではあまり気づかないのにも関わらず、ほんとのよく目立つのが、unajige。。。女性の皆さんならば、髪をアップにした友人や知り合いの横顔を、ふと見たときに感じる違和感(このひと、うなじが汚い。。。)ないですか?(わたしだけですか?)

私が初めて脱毛クリニックという、一種のおとなの階段的なものに挑戦したのは、20歳のころでした。

幼なじみの友人に誘われ、初めて脱毛クリニックのドアをたたいたのです。スタッフの女性に、どのような脱毛クリニックなのか、痛みや、メンテナンスのことなどを説明されて「どこの部位をまず脱毛したいですか?」という問いに対し、20歳のわたしが言い放った部位、それはまさしく、「unajige」でした。

腕や脚など、女性がまず言うであろう部位を無視して、私が言い放った部位。。。まさしく「unajiga」

人間は目線がまず上にあるので、本当にうなじってよく目立つんですよね。

腕や脚ならば、自分の脱毛機で中学生の頃から、夜な夜な轟音を鳴らして毛を処理していたのですが、まあunajigeとなっては、自分の脱毛機では届く訳もなく、どうにもこうにも無理な部位。

髪をアップにすると本当に目立つ。。。とりあえず、自宅の洗面境で思春期のわたしは、どうにかならないものかと日々悩まされていたものでした。

そんなunajigeは、プロの手によってわたしの首から除去されました。

自慢じゃないですが、いま、わたしのうなじ、本当にきれいです。思春期に髪をアップした時の三面鏡にうつった自分のunajigeに、しっかりと気づいて20歳での脱毛クリニックでの施術。。。本当にやってよかったです。

なんか、unajigeに気づいた思いとは、話がそれてしまったかもしれませんが。。。。
最後に、うなじげは脱毛痛、ハンパないです。。。

美容室で恥ずかしい思い

ずっと床屋さんで髪を切っていた私ですが、高校生の時さすがに床屋さんは不味いと思った私は、ちょっと遠出したところにある美容室に行きました。

お店はすごくオシャレで田舎者の私には少し場違いな気がしました。ですが高校に入学したからには、もっと自分を磨こうと思った私は髪を思い切ってショートにすることにしました。小学校以来ショートにはしたことがなくて、常にセミロングぐらいの長さはある髪形だったのですが、思い切ったイメチェンでした。

髪をカットしてもらっている間、雑誌を読んだりしてチラチラ自分の髪形を見ていたのですが、ショートも意外と似合っていたのでほっとしました。

ですが問題はその後に起こったのです。私の長い髪をカットしたことにより見えなかった背中やうなじが丸見えの状態になり、何年も毛の処理をしていなかったせいでうなじの毛がすごい状態になっていたらしいのです。

美容室のスタッフさんに言いずらそうにうなじの毛も剃っておきましょうかと聞かれてその後ゾリゾリと音を立てて剃られました。

本当に恥ずかしくてそれ以来、うなじの毛の処理もきちんとしようと思いました。

ベジライフ酵素 効果

文化祭で友人に髪をアップにしてもらった時の失敗

わくわく楽しみにしていた文化祭で自分達のクラスの出し物がメイド喫茶だったので、髪を器用にセットできない私は友人に頼んで可愛くしてもらうことになりました。

すごく器用な子でよく髪形を変えて登校してくるので安心して頼んだのですが、それが間違いでした。

髪をくくるためにまずアップにしたとき、私の後ろにいた人達が小さくざわめき始めました。初めは自分のこととは分からず戸惑いましたが、髪をアップにした友人がそっとアップにした髪を下ろしたので思わず振り向くと視線がこちらに集まっています。

何事かと思っていると、近くにいた男子にぼそっと「ムダ毛剃れよ」と言われてしまいました。

なんとアップにした髪の下のうなじにはムダ毛が大量に生えていたようで、それにびっくりしてざわめきが起こったようでした。

結局近くにムダ毛を剃るカミソリなんてものは用意していなかった私は髪をセットしてもらうこともできずに、恥ずかしい思いだけして文化祭を終えました。それからはうなじの毛を欠かさず剃るようにしています。

親戚に子に指摘されたうなじのムダ毛

久しぶりに親戚同士が祖父の家で集まる機会があったのですが、その時に1年ぶりに親戚の男の子に合いました。
年の離れた子なのですが、すごく私に懐いてくれていて、無邪気な良い子です。

幼稚園に入学したばかりのその子に久しぶりに会えたことでこちらもテンションが上がりちょっかいを出していたのですが、それをその子も喜んでいるようで身軽に抱き付いてきました。すごく可愛くてなかなか腰に来ましたが昔のようにだっこしてあげました。

すると首に手を回していた親戚の子が怪訝な顔をして私に「お姉ちゃん首に毛が生えてるよ。」と言いました。

思わず毛をあててみると確かにうなじのところに毛が生えています。うなじの毛の処理なんてしたことがなかったので、そんなところに毛が生えているとは思いませんでしたし、正直驚いて動揺してしまいました。不思議そうな親戚の子につい思わず「男の子はもっとたくさん生えるんだよ」と言ってしまいました。

今思うと恥ずかしさを紛らわすためとはいえ、ちょっと大人げなかったと反省しています。
それ以来うなじのムダ毛がすごく気になるようになりました。